2017/10/15

アウトレイジ最終章

特に観たかったわけではないが、三連休でやることもなく、武の映画ならハズレはないだろうと観にいった。

公開したばかりでほぼ毎回満員状態のようだった。

前の方の端っこに座った。


武が監督した映画は全部観ている。

(と思ったら龍三と七人の子分たちはまだ観てない)

初めて映画館で観たのはキッズリターンだった。

悪くないなとは思ったが、そんなに関心したわけでもなかった。

でも興味を持ってレンタルして過去の作品を観た。


Brother, Dolls, 座頭市あたりはワクワクして観た。

TAKESHIS'はちょっと、ン?と思ったが、さすが武だと思った。

監督ばんざい、アキレスと亀あたりになって、

もう枯れてしまったのかと感じた。


その後アウトレイジが公開されて、観にいったが、あまりいいと思わなかった。

続編が出るくらいで評判もいいようだが、

アウトレイジはあまりに人情味に欠けて私は好きではない。


さて、最終章。

全体的な雰囲気は前2作と少し違って、クールさが減り、滑稽さやグロテスクさが強くなり、さらに、私が好きな主人公が無鉄砲で破滅するストーリーなのがよかった。

Brotherと似た世界を感じた。


こないだベイビードライバーについて、主人公が強盗の手伝いをして人を殺しまでしたのに根はいい人で更生して幸せになったみたいなのが気にくわないと書いたが、

私が映画などに期待するのは今回のような結末である。

ただ、やっぱり武の映画は昔ほどわくわくできなくなった。

主人公を含め登場人物が年を取り過ぎたからだろうか。

dollsみたいにまた若い役者で撮らないのだろうか。



2017/09/12

ベイビー・ドライバー

バルト9で観た。

日曜日の3時からの回だったが混んでいて

スクリーンの近くの横っちょの席だった。


カーアクションや音楽はよかったのだが、

最後の方はしらけてしまった。


いろいろ言いたいことはあるのだが、

どうしてもこういう話では、自分が悪いことをしたんだから言い訳はできない、

ということがどうしても気になってしまう。

つまり、いろんなわけがあろうと、善良な人間であろうと、

過去に傷を負っていようと、

人を傷つけて自分や自分の親しい人々のために

人から何かを奪ったりすることは

正当化されることなどないのだと。

むしろ、自分が悪人の名を背負ってでも、

本気で誰かのために何かをするのが

本当の愛であり献身であると。

そういうのが、外国の映画には、ない。

2017/04/16

「君は1000%」

いい曲だと思うのだが
あらためて歌詞を読んでみるとなかなか不可解である。


作詞:有川正沙子

君は微笑みだけで
海辺のヴィラ 夏に変えてく

もうここでちょっとアレっとなる。
海辺のヴィラに二人で来ているのだろうが、
夏になったから来るんじゃないのか。
それに、微笑みと夏ってイメージが結びつかない。

僕のイニシャルついたシャツに着替え
何故走りだすの

海辺のヴィラに来たから楽しくて走ってるんだろ。
疑問に感じる男の方が、何故?だ。
メロディーが悲しげなのも違和感を増す。

熱い心の波打ち際へと
近づく僕の誘いかわして

誘ってかわされることを波にたとえるのはいいが、
波そのものが誘いとかわされることを表しているのだから
波打ち際へ近づくという表現がおかしい

君は1000% 欲しいよ素直な瞳で
君が見た夢なら
If you give me your heart
入り江にうかぶ物語
目を閉じたEndless Summer

ここがサビでクライマックスなのだが、
特に違和感を感じ肩透かしをくらうところだ。
タイトルにもなっている1000%は、100%の10倍くらい、
それくらい完ぺきなひと、という意味だととらえていたが、
そもそもこれはポルトガル語の100が「セン」というところから
来ているらしい。
そうすると、「1000%」と言っているようで、実は100%で、
目減りしている。

それはそんなに大きな問題ではない。
問題はそのあとだ。
男が女を欲していると思ったら、
「君が見た夢なら」という奇妙な仮定が持ち出される。
さらに、「If you give me your heart」という二つ目の仮定が。
何が夢なのか。女が男に抱かれることが夢なのか?
逆じゃないのか?
もし抱かれることが女の夢でそれを素直な瞳で見ているとしたら気持ち悪い。
男が素直な気持ちで夢見ているならまだわかる。

そして、仮定の後の結論が「入江に浮かぶ物語」。
二人が抱き合うことを言っているのだろう。
これはわからなくもないが、「目を閉じたEndless Summer」が不可解
たぶん、女または二人が目を閉じることを言っているのだと思う。
つまり、「君は完ぺきなひとなので抱きたい。もし君の気持ちを僕にくれるなら、
物語のような美しい世界となるだろう」
というようなことを言いたいのだと思うが
「見た夢」「目を閉じた」と過去形になっているのがそれを伝わりにくくしている。
「目を閉じたEndless Summer」というのは、事実を伝える思い出を語る表現だ。
仮定の後にくるフレーズではない。

君のいない時間にかけた電話
何故か言えない
「相手がいないとわかっているのにあえて電話をかけてたがそんなことをする理由は言うことができない」
という意味なのはわかるが、「何故か言えない」というフレーズは、
そういう意味よりも、「言いたいことがあるのに何故か言うことができない」
という意味で使われる。
いないのに電話をかけた理由のことであるなら、「君のいない時間に電話をかけた。それがなぜかは言えない」でなければならない。

少し勇気を出して待ち伏せした
今渚はトワイライト

二人で海辺のヴィラに来てるんじゃないのか。他にも誰かいるのか
ヴィラでたまたま出会った女だったのか。

もしも君だけ夜にまぎれても
銀の涙は僕に返して

ここも奇妙だ。君だけ夜にまぎれるとは、女と一緒になれないことであろう。
それでは、銀の涙とは?涙を流すのは誰だ?当然男だろう。
しかし、男は「僕に返して」と言っている。
男が流した涙を女が奪っていくのだろうか?
一緒になれなかったから女が去った後一人で泣くのではないのか?
その涙を誰がどうやって返すことができるのか?

君は1000%輝くハレーの雫を
その髪に散りばめ
If you give me your heart
陽射しも溶けるフォトグラフ
ここだけがBrand-New Summer

ハレーとはハレー彗星のことだそうだ。
この辺のくだりはほとんど意味のない修飾である。
そして彼女が男を愛してくれるならの仮定から
くる結果は、フォトグラフ。
フォトグラフというのはただの写真である。
別に美しいとか素晴らしいとかいう意味はない。
ただ写真をカタカナにしただけ。
陽射しが溶ける写真ってなんだ?
おそらく、彼女の姿が陽射しをもどうにかしてしまうといった
意味だろう。
でも、陽射しが溶けるって想像もできない。
なぜなら溶かすのはむしろ陽射しがすることだからだ。
「本来陽射しが溶かすはずなのにむしろキミの方がまぶしくて陽射しに勝つ」
というような意味だろうか。
だいたい、2番の歌詞はトワイライトつまり夕方の情景じゃなかったのか
いつの間に陽射しが出てきたんだ。
トワイライトは朝方のことも言うらしいが夜明けに待伏せないし
「夜にまぎれても」と言っているから夕方で間違いない。

そしてやっぱりこの2行は、過去または事実である感が強い。
「フォトグラフ」なんて、ほとんど「想い出」と同義だ。

しなやかな仕草と
渡されたカクテル
恋のめまい のみほす

カクテルを渡されるような仲ならもうほとんどデキてるじゃないか。
飲み屋の店員なのか?

あとは繰り返し。

たぶん、「If you give me your heart」は、
仮定というより、願望の意味なのだろう。

まあ、今この曲を何度も繰り返して聴いていていい曲なのだけど。
歌詞もちょっと意味がわからないくらいなのがいいとは思うけど。

冷静に考えるとおかしいので、我慢できなかった。


2016/10/16

ディランのノーベル賞

ボブディランがノーベル文学賞を取った。

ノーベル賞と言えば数年前から毎年村上春樹がとるのではと言われ続けてきてとれず、

事前予想なんかあてにならない、村上春樹なんか候補にもなってないんじゃないかと

思っていたら、ディランも候補だという話まで出てきて、イヤイヤ、それはないだろ、

と笑っていた。

もしディランがノーベル賞をとってしまったらちょっとイヤだなあ、と思っていた。


ディランの受賞には疑問を呈する人もいるようだ。

だが、それは「文学じゃない」ということが論点になっているようだ。


だが、ディランは詩人でありそれは文学であることは論ずるまでもない。

彼はほとんどの作品の詩を自分で書いている。



ディランがノーベル賞をとったことを知ったのはtwitterでであったが、

自分の大好きなディラン、30年くらい人生をともに歩んできたかのような存在であるディラン、

自分の友達、家族のような存在の人だが、受賞のニュースを聞いたときにはストレートには喜べなかった。



それは複雑な思いがあって、まず、ボブディランという人のことを本当にわかっているのか?

というのがある。


彼のことを語る人に、ボブディランという名前は知っていても、お前はアルバムを一枚でも全部聞いたことがあるのか、歌詞を読んだことがあるのか、と言いたくなる。

私は高校生のときに聴き始めたのだが、歌詞は知らない単語を辞書で引きながら読んだ。


ディランは詩がいいとは言われるが、私には英語でも、歌の歌詞でも、それがいいか悪いかを評価できる自信はない。

ただ、アイラブユー、死んでもお前を離さない、お前に夢中だ、などというアホみたいな歌詞ではない、というのはわかった。その程度だ。



さらに、ノーベル文学賞をとった作家の作品も、ほとんど読んだことがない。

日本人の川端康成と大江健三郎、あとはトーマスマンくらいか。もちろん翻訳で。



特に2000年代に受賞している作家はほとんど、名前も聞いたことがないような人ばかりだ。


私は小説も読まないことはないが、どの作家が優れているなどと判断することができるほどではない。



ボブディランについては、ロックにしては、大衆音楽にしては小難しいことを言っているが実は中身がない、ただのひねくれもの程度なんじゃないかと思っていたが、

ノーベル賞を取ったと聞いて、本当にすごい人だったんだな、とちょっと驚いている。


私にはふさわしいとかふさわしくないとかは言えない。


ただ、またディランが遠くなり、好きでもないのに知りもしないのにディランがディランがという人が増えるのが嫌だ。





2016/08/13

ゴーストバスターズ(1984)

もう30年以上も前に公開された映画。

当時私は高校生で、この映画は非常に話題になり、主題歌もヒットしたのでよく覚えているが、ちゃんと観たことがない。

最後にマシュマロマンというのが登場することは知っていたのだが、その登場経緯を観た友人が説明してくれたのだが、いまひとつよくわからなかったので、それを確認したくなった。


ビルマーレイは別に好きでもないのだが、この映画ではカッコよかった。

ゴーストの退治と捕獲、それを保管するしくみが説明されるが、それはデタラメなのであろうが、なんとなく納得できる。


ニューヨークにたくさんゴーストが現れるようになったのにもちゃんと理由があって、その説明もなかなかうまくできている。


さて、問題のマシュマロマンの登場の経緯であるが、

バスターズの彼らは実績がないため解雇はされたがもと大学で研究をしていた科学者である。

彼らなりの理論と測定結果から、巨大なゴーストが現れることを予測していた。


そして、その大きさを説明するときに、たまたま目の前にあったカステラのようなお菓子にたとえて、現在のニューヨークの心霊エネルギーがこれくらいだとすると10メートルのカステラ(twinky)が現れることになる、と説明した。

これが伏線になっている。

伏線というのは物語の伏線であるだけでなく、マシュマロマンを登場させる一因にもなっている。


ゴーザとかいう邪悪な霊がニューヨークに現れて町を破壊しようとする。

バスターズはそれに立ち向かうのだが、ゴーザが「破壊者の形を選べ」と命令する。


バスターズは、頭を空っぽにして破壊者を登場させまいとするが、一人がつい頭の中に思い浮かべてしまったのが、マシュマロマンであった。


彼曰くなるべく無害なものを想像したとのことだが、明らかに以前聞いた巨大なtwinkyのことが頭に残っていたのだろう。

マシュマロマンというキャラクターはゴーストバスターズで有名になったが、
アメリカでは昔からある有名なキャラクターなのではないか?


かくしてかわいい巨大なマシュマロマンが登場した。


しかし、かわいくても破壊者ではあるので、怖い顔になって町を壊そうとする。

バスターズはイチかバチか、危険なためおこなってはならないとされている武器の使用法を使って、マシュマロマンを退治する。










2016/03/21

映画「野火」 塚本晋也監督

塚本監督を知ったのは「鉄男」を観たときだ。

2も見たかな。


映像としては斬新だなとは思ったが、一本の映画としてはそんなにいいものだとは思わなかった。

ふーん、なるほどね、という感じだ。


彼はその後も何本か映画を撮って、大々的に宣伝はされず小規模に上映されるが、ちょっとした賞をとったりして、すっかり大御所になった感がある。


「野火」を撮ったときいたとき、もしかしてつまらない「反戦映画」を撮るようになってしまったのかと心配したが、まったくの杞憂だった。


大岡昇平の野火という小説があることは知っていたが、読もうという気にはならなかった。

「戦争」をテーマにしている時点で、反戦を主張しているに違いないと思ったからだ。



序盤で、東南アジアのどこか、原作ではフィリピンのようだがおそらくそのあたり、のジャングルの美しい緑のなかを薄汚い監督自身が演じる主人公の兵隊がうろつくシーンが続く。


冒頭で上官に怒られて病院へ行ったり来たりするところなどは、クローズアップが多くて、
特に主人公の顔が画面真ん中にドーンと映されることが多くて、少し煩わしく感じた。

だんだん眠くなってきた。


塚本監督だし、けっこう話題になっているのにこの上映規模の小ささからすると残酷だったりグロテスクだったりするシーンがあるのだろうとは思っていたが、
そういうものがあるどころか、ずばり残酷でグロテスクなそのものがテーマだった。

そしてそれは「戦争」ではない。

もちろん、戦争を描いているし、戦争があったからあのような状況があって、人間も狂ったというか、そういう状況に対応するには狂ったとしか言えないような行動をとらざるを得なかったのだろう。


何のシーンだったか忘れたが、ちょっとドキっとするシーンで目がさめ、後半はのめりこんだ。


戦争の話はいろいろ聞いて、残酷なこと、狂気、人が人でなくなることなどがあったということは想像もできるが、この映画で表現されたものはあまりに異様で、本当にこんなことがあったのか、誇張しすぎなのではないか、少なくとも原作でも本当にこのようなことが描かれていたのだろうか、誇張であってほしい、とさえ思った。


テーマになっている「残酷でグロテスクなもの」というのは、人間の肉を食うことである。

戦争で飢餓の極限に達したら人肉を食うこともあり得るだろうとは思うし、実際にそういう話を聞いたこともある。

だがそれはあくまでもほかに食うものがないから仕方なく、であって、そもそも人肉など食べたいとも思わないのが人間である。と、思う。


しかしこの映画では、まるで人肉を食うことが禁断の果実であるかのように描かれる。

ラストでは、戦地で奇妙な主従関係をもった若い兵士がその「主人」を殺してすぐに肉を食らうという壮絶なシーンが描かれる。

その食い方は、ライオンがシマウマを襲って食うような食い方だ。

いくら戦争時に人肉食があったとしても、そんな風には食わなかったのではないかと思う。


そして、戦地から戻った主人公が、人肉食に魅せられてしまったことを示唆するシーンで映画は終わる。


やっぱり塚本晋也はちょっとイカれてるなと思った。


上映後のトークショーで実物を見たが、気さくでユーモアもあるかわいいおっさんだったが。


2015/12/31

Creed (クリード チャンプを継ぐ男)

アポロの息子の物語と聞いて興味を持った。

ロッキーの人気に便乗して作られた映画じゃないかと思ったが評判がよいので観に行くことにした。
なにしろロッキーには思い入れがある。もちろん全部観ている。
私にとって、ロッキーとは単なる映画ではない。おそらく、私の世代ではそういう人が多いだろう。

今はスターウォーズの新作が話題でその陰に隠れたような形になっているが、
私はスターウォーズはもちろん知っているが実は一作も見たことがなく、
まったく思い入れもない。


監督はスタローンでも1と5を撮ったアヴィルドセンでもなく、ライアン・クーグラーという若い監督である。
私は作品を見たこともないし名前も知らなかった。


アポロの息子を演じる役者はマイケル・B・ジョーダンといい、もちろん黒人である。
この俳優も知らなかった。というか、スタローン以外誰もしらない。
もうエイドリアンもポーリーもいない。

アポロの息子は実子ではなく、私生児だった。

彼がボクシングをやろうと、それもプロになろうとする動機とか、トレーニングしてタイトルマッチをするまでになる
過程とかはちょっと駆け足な感じもしたが、
アポロの息子がボクシングをやることにもちろん疑問など感じない。


アポロの奥さん役は4とかで演じた女優ではなかったが、少年院に面会に来る彼女の顔を見ただけで涙が出て、
それからほとんどずっと涙が流れっぱなしだった。


いい映画だったとは思うが、なんせロッキーだから、アポロの息子の話だから、感動するのは当たり前というか、普通の映画と同じようには見られない。


映像や演出は非常にクールで落ち着いていた。
音楽も過去のロッキーほどメロディアスだったり鼓舞するようなものではなく、
いわゆるブラックミュージックと呼ばれるものがほとんどで、「アツい」ものではない。

しかし、もう設定自体がアツすぎるので、それでよかった。


ボクシングシーンは素晴らしかった。タイトルマッチの相手役は本物のプロボクサーだそうだ。
リングアナウンサーはあのジミーレノンジュニアで、たぶんミットを受けていたコーチも本物のコーチだろう。

リアリティは今までのロッキーシリーズとくらべものにならないくらいだ。


この映画の主人公はアポロの息子アドニスなのだが、
やっぱりロッキーの映画だ。私にとってはこの映画の主人公はやっぱりロッキーだった。
彼はもちろんもう戦わず、老眼鏡をかけてすっかりいいおじいちゃんになっているのだが、
私はこの映画を見ていてアドニスが強くなって栄光を勝ち取ろうとする姿よりも、
ロッキーのほうにどうしても感情移入してしまう。

観客は年配の人が多くて、すすり泣きもそこらじゅうから聞こえた。

・・・まだこの映画については冷静に語れそうもない。

2015/11/22

New Guitar

ギターが欲しい。 エレキギターが。 今までエレキギターは何本か買ったが、すべて手放した。 

最初に買ったのはZO-3。 1992年ごろ。 2万円くらいだったかな・・・。 あまり弾かなかった。

 次に買ったのが、GibsonのLes Paul Custom。 1996年頃16万くらいで買った。 定価は26万。 ほとんど見えないちょいキズということで安くなっていた。 完全な衝動買い。 エレキギターが欲しいなとはだいぶ前から思っていたが、 16万も払うことなど、冷静な状態だったら絶対にできなかった。 その後何本かギターを弾いたが、 価格のとおり、音、弾きやすさは別格だった。 そのよさは手放して安いギターを何本か弾いて初めてわかった。 所持していた期間は、3年くらいだったろうか。 この間に、ドラムマシンとMTRを使って、 簡単な作曲をしたものは今でもとってある。

 手放す前に、知人からTokai Les Paulをもらった。タダで。 LP80とかいうやつ。 あまり弾かなかった。 音はGibsonには全然劣ると思った。 くすんだような曇ったような感じがした。 響かないというか。 カネがなくなったので、これも売ってしまった。

 次に買ったのは、Fender Japanのストラト。 2003年頃 62USなんとかというやつで、TXじゃないやつ。 色はサンバースト。 価格は5万円くらい。 けっこうよかった。 軽くて、弾きやすかった。 ピックアップを3つともlace sensor goldに換えた。 とても気に入っていたが、 カネに困って泣く泣く売った。

 Tokai LPを売ったのも同じ頃だ。

 次は、Epiphone Casino 2010年ごろ 4万くらいか。 これがひどかった。 なんというか、今まで弾いてたのはFMラジオで、 昔のAMラジオのような。 曇った、にごった音。 トーンやボリュームのツマミがヨレている。 匂いもなんか変なにおいがする。Epiphone Casinoにも中国製と日本製があって価格が倍くらい違う。日本製はけっこういいようだが、私が買ったのは中国製のほうだった。 レスポールはすごくいい匂いがしてうっとりしたが。 3ヶ月くらいで売ってしまった。 二度とエピフォンは買うまいと思った。

 2013年に、またFender Japanの白いストラトを買った。 ST-STDとかいうやつ。4,5万だった。 USAのAmerican standard stratoと弾きくらべたのだが、 ほとんど違いがわからず、Japanのにした。 一人で部屋でちょこちょこ弾くには十分で、 気に入っていたが、やはりカネがなくて1年ほどで売却。


 最近はギターが欲しくてたまらなくなっている。 しかし、常時金欠なので、また売り払うハメになるのだと思うと、 もったいなくて買えない。 思い切って2万円くらいの格安品でいいかなと思ったりするが、 安物買いのゼニ失いが一番嫌だ。 グレッチとかリッケンバッカーとかも一度弾いてみたい。 最近出たGibsonのレスポールの安いのも興味があるが、 Gibsonは品質低下のうわさをよく聞く。 どうしよう・・・

2015/08/02

Mad Max2:The Road Warrior

1がよかったし、うわさでは2が最高傑作という声が多かったので期待して観たが、
期待はずれだった。

1の方が全然よい。

監督とか、製作者側は1の予想以上のヒットに驚いて、さらに味をしめて、続編を製作したのだろうが、1で何がウケて何が足りなかったかを勘違いしてしまったように思う。


2では、話のスケールが大きくなって、登場人物も増え、人間関係もやや複雑になっている。

1はmaxとその家族達だけの狭い世界とそれを脅かす凶悪な人物達との対決であったが、
2ではある団体とそれを襲う凶暴な連中との戦いに傭兵のような立場で協力することになる。

この構造はこないだ映画館で観た fury roadとだいたい同じだ。

fury roadは、2をさらにスケールをでかくして、副主人公的な人物の存在感が強くなっていて、
Maxがほとんど脇役になっている。


カーアクションとか、暴徒達の髪型や服装の奇抜さ、異様さ、爆発シーンの規模の大きさなど、
そんなものはどうでもよい。

しかし、どうもmad maxシリーズはそれらを追求する方向に走り、観客もそこそこそれを喜んで、興行的には大成功となったようだ。


でも私には、あまりに作られた感が強すぎ、リアリティや緊張感がなくて、つまらなかった。



途中で、「サービスシーン」がある。

疾走する車がテントをひん剥くと中にカップルがいて、

男の上にほぼ裸の女がまたがっているのだが、その女のアレがちらりと見える。


こんな下衆なことをするのも興ざめだ。

なんどもそのシーンを繰り返して観たけど・・・。


3は駄作との評価ばかり目にするし、たぶん観ないだろう・・・。